L o a d i n g

男性も育休や時短勤務ができる、
育児と仕事を両立しやすい環境です

Interview
2014年入職
薬剤部

永井 和正

    • 現場で幅広い疾患を学べるのは、聖マリア病院だからこそ

      中学時代に入院した経験があり、そこで初めて薬剤師という職業を知りました。高校時代に進路に関する課題が出された際に、ふと入院当時のことを思い出し、調剤薬局を訪れてさまざまな話を伺ううちに、薬剤師の仕事に興味を持つようになりました。

      診療科が多く急性期の病院という点が聖マリア病院に入職した大きな理由です。診療科が多いため、幅広い疾患を学ぶことができます。福岡県内で就職先を探していましたが、当時興味を持っていた血液内科や小児科、産婦人科をすべて擁する病院は聖マリア病院や大学病院以外にはほぼありませんでした。

      病棟業務において、多くの医師の処方意図を現場で学べることも魅力の一つです。同じ病気でも異なる薬剤を使うなど、多種多様な考え方を知ることができます。また、患者さんのためにさまざまな職種のスタッフが連携して専門性を活かす「チーム医療」に参加できることは、病院薬剤師の醍醐味です。
    • 患者さんの心に寄り添った医療を目指して

      調剤業務全般から病棟業務まで幅広い業務を担当していますが、薬剤師は薬の専門家として幅広い知識が必要です。医師から病態に応じた薬剤の提案を求められることも多く、日々の自己研鑽が欠かせません。
      急性期病院のため新規採用となる薬剤も多く、部内で勉強会を開いて、スタッフ間で知識を共有しています。

      入職当時は院内処方業務があり忙しかったのですが、2020年にほぼ全ての診療科が院外処方となりました。調剤業務が減った分、病棟業務で患者さんや病棟スタッフと接する時間が増え、さらに充実しています。

      現在は、外科・消化器科・ICUの3つの病棟に所属しながら、腎移植チームにも立ち上げから参加しています。

      腎臓の移植後は、免疫抑制剤を一生飲み続けなくてはいけません。薬を飲み忘れてしまうと、移植した腎臓はダメになってしまいます。患者さんがもともと飲んでいる薬との飲み合わせを医師と協議しながら、服薬状況の向上に携わりました。

      とくに思春期の患者さんは、薬を飲みたがらなかったり飲み忘れてしまったりすることもあります。患者さんの心に寄り添い、どのようにフォローするかは今後の課題です。

      腎臓の移植手術を受けて無事に回復され、仕事に復帰して出産された患者さんもおり、とても印象に残っています。臓器移植の素晴らしさを改めて実感するとともに、患者さんの日常を取り戻すことに貢献できた喜びを感じました。
  • 男性も育児休暇や時短勤務を利用でき、子育てしながら働きやすい環境です

    聖マリア病院薬剤部では出産・育児休暇に加えて時短勤務も利用できるようになりました。私も2020年の5月から利用しています。

    個々の事情に合わせて柔軟に勤務時間を選択できるため、毎朝子どもを保育園へ送るために、勤務開始時間を8時半から9時に変更しています。また、病院勤務には夜勤がつきものですが、未就学児のいるスタッフは夜勤が免除されます。

    ここ数年で男性も育児休暇を取得しやすくなり、昨年度は1名の男性スタッフが1年間取得し、今年度も1名の男性スタッフが取得するなど、育児をしながら働くことに理解がある職場だと感じます。

    薬剤師の人数が多くフォローできる体制が整っているため、子どもの発熱などによる急な休みもとることができて、とてもありがたく思っています。まわりに産休・育休、時短勤務を利用しているスタッフも多く、子育ての相談などもしやすい環境です。

    まだ子どもが小さいため、しばらくは子ども中心の生活が続くと思いますが、今後は時間を見つけて、腎臓や化学療法、抗ガン剤関連など興味のある分野の資格取得などに向けて勉強していきたいです。

    入職を検討している方へのメッセージ

    ワークライフバランスがとれており、長く働き続けられる環境です。以前は調剤が主な業務でしたが病棟業務の拡充が進んでおり、1年目から病棟業務に従事できます。子育てしながらでも着実に薬剤師としてキャリアを積みたいと考えている方、ぜひ一緒に働きましょう。