薬剤部品質方針

  • 1安全で質の高い薬物療法を提供する
  • 2調剤業務や病棟業務を通じ、患者満足度を向上させる
  • 3継続的な教育を実践し、医薬品に関する知識の向上を目指す
  • 内服・外用調剤業務

    内服・外用調剤業務

    処方オーダリングシステムを活用し、”処方せん”の内容について、飲み合わせ・副作用・量・飲み方などのチェックを行い、患者さん一人ひとりに適した形で内服薬外用薬の調剤を行います。外来窓口では、薬の使い方や一般的注意などの説明を行います。患者さんからの質問・相談にも対応しています。

  • 医薬品情報管理業務

    医薬品情報管理業務

    薬剤部内に薬の情報を専門的に取り扱う部屋(DI室)があります。DI室では、当院で採用している薬(約1,800品目)をはじめ、薬物療法で使用される「薬」に関する情報を広く収集・加工・評価し、医師・看護師・薬剤師その他の医療スタッフに提供しています。また、院内外からの電話での問合せにも対応しています。

  • 注射調剤業務

    注射調剤業務

    注射オーダリングシステムを活用し、“処方せん”の内容について、投与量・経路・速度・期間などのチェックを行い、注射薬の調剤を行います。注射オーダリングシステムと注射薬自動払出機を連動し、オーダ変更に対応した払い出し(1日4回の定時調剤)を行うことでリスクの軽減に努めています。

  • 病棟業務

    病棟業務

    入院患者さんのベットサイドに伺い、患者さんが「薬」を適切に使用できるように薬の使い方や一般的注意などの説明を行います。薬の使用状況を把握し、副作用の未然防止に努めています。また、カンファレンスや糖尿病教育入院に参加し、より安全でかつ安心な薬物療法が提供できるよう努めています。

  • 製剤業務(TPN・抗がん剤)

    製剤業務(TPN・抗がん剤)

    クリーンベンチ・安全キャビネットを設置し、TPN・抗がん剤の混合調剤を行います。注射薬の中には、混合すると薬の効力が落ちたり、濁ったりすることもありますので、事前にチェックすることが大切です。抗がん剤においては、“処方せん”の内容とレジメン(治療計画)が合致しているか確認し、薬歴管理を行うことでリスクの軽減に努めています。

  • チーム医療への参加

    チーム医療への参加

    安心できる薬物療法を提供するために医師・看護師・薬剤師その他の医療スタッフがチーム一体となって取り組んでいます。 薬剤師もチーム医療の一員として医薬品の情報収集・加工・評価・提供を行い、適正で安全かつ効果的な薬物療法が行えるよう取り組んでいます。NST(栄養サポートチーム)・ICT(感染対策チーム)・緩和ケアチームに参加しています。